Uncategorized @jp
しかしながら、それらの疑問の根源は、”収益性のある投資なのか”、”投資分を回収するのにどのくらいの期間が必要なのか”といった内容につきます。
ほぼ確実に、ビジネスプランを起動し始めた第一スケージは投資の未来の成功を左右します。スケートリンクに投資することを決定する上で、考慮・調査すべき多くの要素が存在します。
  •   ロケーション
  •   環境
スケートリンクの設置までのシナリオを精査することが必要不可欠です。
購買環境(ショッピングセンター)や子供に関わる環境(アミューズメント施設やテーマパーク)にリンクを取り入れることは良いスタートになる可能性を秘めています。これらの環境だけでなく、他にも同様の効果をもたらす多様な選択肢が存在します。
スケートリンクの面積も最終的な設置ロケーションと密接に関係しています。飛び地的にできているスペースを有効活用することで、ロケーションの状況に応じてお客様の施設を最大限に輝かせます。
その他の基本的な観点に、スケートリンクの雰囲気があります。スケートリンクが魅力的かつ注目を集めるためには、照明・音響・アクティビティといった要素でリンクの雰囲気を作りあげていくことが重要です。こうしてリンクをより魅力的な空間に変身させます。
ビジネスを軌道に乗せるため、より最適なコンディションを選ぶために行う事前調査の期間は、Xtraiceのチームがすべてのプロセスにおいてお客様に追随致します。80カ国以上、1000 を超えるリンクをお客様毎にカスタマイズしてあらゆる環境 下や場所に設置して培ってきた経験を、お客様のご状況や背景に合わせてご提供致します。
さらには、Xtraiceの本来のウィングスパンは、想像もつかいないことさえも現実にする側面を持っているのです。

スケートリンクで収益を上げる方法

第一ステップを終えたら、収益が発生するまでの期間を短くするために有益な追加要素を決めていきます。利益回収期間を早める有益なツールとして一般的なものは下記の要素になります。
  • 入場券の販売
  • フェンスへの広告掲載
  • スケート教室の実施
  • 各企業様の式典イベント
  • ベンディング
  • 月会員、週会員、スケート教室のクーポンの発行
利益を計算する際に、モバイルタイプのリンクか常設のリンクにするかによって、重要な違いが存在します。モバイルタイプのリンクに決めた場合は一定期間毎にリンクを移動させながら自分たちでリンクのマネジメントを行い、マージンを獲得することも可能です。
同時に、合成スケートリンクにおけるコストの見積りに付け加える補助的な要素として、光熱費の不在を強調しなければなりません。Xtraiceのリンクには12年の保証期間があること、リンクは両面活用できるということもコスト計算する上で重要な要素です。製品の使用期間を延ばすということはそれだけ収益のを増やす可能性にもつながります。

リンク購入における投資費用回収を8ヶ月で達成させるには?

しかし、具体的なデータは存在するのか?正確かつ信頼できるケーススタディはあるのか?といった疑問が沸くことでしょう。
当社はXtraiceのリンクが利益を生み出すまでの平均期間を把握するため、いくつのも調査を実施しました。これにより平均期間が明らかになり、投資費の回収から収益を生み出すまで期間が8ヶ月であることがわかりました。160㎡のスケートリンクを基準にしています。
この記事にありますイメージ図の数値にて、当社が集計したデータを分析できます。広告掲載やイベント、スケート教室の開催などでこの期間を短くすることができます。
これらのデータは、各国の特徴や各お客様の特定の要素によってカスタマイズ、調整され変わってきます。当社が成功へ向けたお手伝いを致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post comment