プールにスケートリンク

答えは可能です。エクストラアイスの合成スケートリンクはプールのある場所に設置することができます。屋外プールの場合、1年間のうち数ヶ月しか開放することができません。プールを閉鎖している期間、合成スケートリンクを活用して施設のスペースを有効活用しませんか。

スポーツセンターのプール、市民プール、ホテルのプールなどオフシーズンにプールを未活用のままにしている施設に活用方法をお伝えします。

 

オフシーズンのプールを休眠させていませんか

  • 夏はプール、冬はウィンタースポーツ。気温が低くプールを開放できない時期には合成スケートリンクでウィンタースポーツを提供しましょう。
  • 施設をフル活用。施設を1年間開放し、スペースを365日有効活用できます。
  • 水道、電力を使わないビジネス。エクストラアイスリンクを設置すれば水道光熱費をかけずに本格的にスケートが楽しめます。設置、メンテナンス、撤去に専門技術は不要なのでお好きな時期にプールからスケートリンク、もしくはスケートリンクからプールへの切り替え作業を行えます。
  • ターゲットは全世代。合成スケートリンクは子供から大人まで楽しめる遊具です。エクストラアイスでは常に最新の技術を使い、合成アイスの品質向上に努めています。

 

プールからスケートリンクに変換する方法

合成スケートリンクのメーカーであるエクストラアイスでは、案件に応じたサイズや形でリンクをお渡ししています。実際にプールからスケートリンクに変換したケースをご紹介します。

 

水を抜いたプールの底にリンクを設置

水を抜いたプールの底をそのまま有効活用すれば余分なコストをかけずにスケートリンクに変換できます。特殊な作業は発生しません。パネルの裏面が傷つかないようパネルの下に発泡ロールを敷き詰めてからリンクを施工していきます。

この春に静岡県三島市で設置されたエクストラアイスリンクがこの例です。

 

水の上にスケートリンクを設置するケース

水上にリンクを設置する場合は、上げ床が必要になります。スケートリンクの施工を始める前に水上にステージを作り、その上にリンクを設置していきます。この上げ床は勾配のついた場所や極端な凹凸がついた地面、噴水や障害物のある場所にスケートリンクを設置をする際にも活躍します。

シェアお願いします。





Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Post comment